魔呂日記 w/データベース

創作及び鑑賞、二度おぼこの保護(S.10生・要介護2)

医療介護2019-05-15

通院(麻酔科)

あまり眠れたとはいえないが、午前7時起床。7時半には起きてもらう。とても親切なM医師とのトーク(氏でなければ、今日の予約はキャンセルしたいところだった)。病院での滞在時間短く、初めて午前中に帰れた。バスの連絡は相変わらず1時間待ちと悪かったため、帰路電車とタクシー(トヨタ・ジャパンタクシー(第一交通)に初乗車)にした。帰宅してからもう一度薬の引取に電チャリ飛ばして行くのが通例化してきた。医療費(重度障害)の数倍にのぼる介添交通費(身障割引でも2人で1往復約1500円前後)と所要時間(1/4日)がネック。介護サービス全日利用満額からの控除を念頭に置いておくべきか(医療もサービスである)。

映写係 明日の体験の参考に認知症ドキュメンタリーを見せてみた(ワタシも脇で不完全ながらも)

その他

  • 明日のデイサービス体験準備指示(ワタシ不在時の電話受けるようにも) 次週の水曜日にもデイサービスの体験が入っているので、医師に、特段の痛みが出なければ再来週の診察(つまりタリージェ2週間分要求)にしてもらうよう申し出て快諾を得た。強い痛み等もし急変があれば、予約関係なしに我慢せずにおいでの一言が出る素晴らしいペイン担当医に巡り会えたものと思っている。母は運がいい
  • 夕飯(巻寿司)買出 あとは有合わせ
  • 婦人用おパンツ様購入(人生初😳 オムツに続き)
  • 算盤の本を探しに行ったが、検定本ぐらいでよいのがなかった

いつになく左膝の具合が悪い(ワタシ)。日頃の負荷に粗大ゴミ捨てが祟ったか? そのクセ、今日は52km走った😅

家計懸念

  • 叔父(母の半血弟)は母から借りた金の返済要求(母からの電話)に今のところ誠意を示していない
  • トルコリラ円、17円台半ばからは一旦切り返している(18.x)